スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生き物の学習―その8 CTPからI Have a New Baby Brother 



I Have a Baby Brothrer
I Have A New Baby Brother (Learn to Read Science)
(1998/01)
Kimberlee Graves

商品詳細を見る
英語の場合、赤ちゃん動物は大人とは別の名前で呼ばれます。「子犬」や「子猫ちゃん」の代わりです。
子猫はkitten, 子犬はpuppy、はご存知の方も多いかと思いますが、
小象はcalf、子オオカミ(?)はpup、子羊はlamb…
そしてkangarooはjoeyです。

上記に紹介しているのは、赤ちゃん動物の呼び方がどんどん出てくる、サイエンスに分類される本ですが、一応ストーリーがあります。
主人公の男の子に、小さな弟が産まれる。
―周囲の愛情を一気に集める赤ちゃんを見つめる心は、複雑なわけです。
猫の子やクマの子、トラの子なんかだったら、楽しいのにな…ちょっぴりそんな気持ち。
だけど弟の名前は…。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kashiwagibunko.blog57.fc2.com/tb.php/95-82886af6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。