スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

溢れ出した英語 

TuesdayTuesday
(1997/08/18)
David Wiesner

商品詳細を見る

これは、Sくんに教えてもらった本。
文字の少ない絵本で、映画のようにぐいぐい引き込まれていきます。

"Frogs fly ."
と、Sくん。

??? 何のことやら、と思われるでしょう?
改めてゆっくり読もうと思い、
思わず私も買いました。

でも実はこのとき・・・・・
はい、このレッスンのとき、絵本どころではなかったのです、私。
Sくんの口から、
彼が自分で創り出した英語の文が
ぽろぽろとこぼれてくるのです!
さっきのFrogs fly.の文もSくんが創り出したもの。
すごい!
言葉が溢れ出している!

文法的には、現在形と過去形が混ざっていたり、
三人称単数の区別もきちんとはしていません。
でも、そんなのはもっと大きくなってからいくらでも直せます。

多読の力、絵本の力、子どもの力―底知れぬ力。
それを目の当たりにした衝撃的な日。

Sくん、感動したよ~
ありがとう~
スポンサーサイト

字のない絵本♪

お!先生、この本買っちゃいましたか~~~!!お貸しすればよかったですね。。。すみません~~^^;
この作者さんの本は文字のない絵本が何冊かありますね。最初この本を買ったときは、正直「なんじゃこりゃ~~?!!」と思って、特に感銘も受けなかったのだけど、喜んでみてる子供の反応をみると、この本に対する考えが変わりました。字もほとんどなく話の説明もないのに、子供なりにいろいろ想像して、ちゃんと絵本を楽しんでました。絵本を選ぶ際、子供の喜びそうな本を・・・と思いながらも、ついつい「有名な本」だの、「~~の勉強になりそうな本」だの選んでしまいがちです。でも、字がないからこそ、絵をじっくり見て、自分オリジナルの物語を創造できるこういう本も、すごく楽しいものなんだなって思いました。
日本語でも、絵本の感想とかうまく表現できない子なので、英語だとなおさらあらすじ言ってるだけっぽくなっちゃいましたが、本人は自分で物語を作るのが楽しかったみたいです☆
この作者さんの別の本も何冊か持ってるので、今度のレッスンで持って行きますね。
[2009/01/11 10:24] S&Sの母上 [ 編集 ]

我慢できなくて買っちゃいました

e-465 S&Sの母上さま

おもしろい絵本をご紹介くださって、ありがとうございました。
いえいえ、「ほ、ほしいっ!」と思っちゃったのです!その夜に、すぐさまぽちっ。ついでに、そのページに並んでいた本もぽちっ、ぽちっ、ぽちっ。
でも、またお持ちの本見せてくださいね。そうやって、お母さん達と楽しい絵本の話を出来るのが、嬉しくて仕方のない私です。(皆、ツボが違うし~)

私が彼のお話作りに感動したのは、「英語が話せた」からではなく、Sくんが英語でこれだけのことを頭の中に持っているのが、広げているのが、見えたからです。
小さいうちは、感想などを上手に表現する必要は、まったくないんです。
口頭でも文章でも、「上手く」(しかも大人受けするように)表現することを早く訓練してしまうと、それだけ自分の力で考えて創り出す、ということが出来なくなってしまうそうです。具体的に言うと、3,4年生までは、訓練してはいけないのです。
Sくんみたいに、大好きな本に会えて、その世界で思い切り楽しむことが出来る。それこそが今は、すべて。
こんな絵本で、「感じる力」「考える力」を育んでいって欲しいと思います。
[2009/01/11 14:26] 由里子 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kashiwagibunko.blog57.fc2.com/tb.php/51-82035aad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。