スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雪の本その3"Hello, Snow!"とその4 

Hello, Snow! (Melanie Kroupa Books)Hello, Snow! (Melanie Kroupa Books)
(2004/10/08)
Hope Vestergaard

商品詳細を見る

雪が降って、大はしゃぎの子どもの様子を、
Hello, ○○!
Goodbye, ××!
の繰り返しで表現した、シンプルな詩です。

例えば、パパをベッドから引っ張りだすところは、
Hello, Daddy, Goodbye, bed.
雪遊びに備えて、一枚ずつ着込んでいくところは、
Hello, sweatshirt, Goodbye, me!
毛糸の帽子をかぶって、
Hello, hat. Goodbye, ear.

さあ、雪の中へ飛び出そう!もうHelloなことばかり?!

Helloを「こんにちは」、Goodbyeを「さようなら」と訳していては、
ついていけない、楽しめない。

どんなささやかでも、嬉しいこと、楽しいことにHello!と声をかけ、
ちょっとくらいの悲しみは、Goodbye!と送り出す。
そんなのもステキだな、って思いました。

あ、ちなみにこのイラストレーターNadine Bernard Westcottは、歌本の
Peanut Butter and JellySkip to My Lou, Miss Mary Mack
などで、子供たちに大人気。
私も大好きでーす。

もう一冊お教室で読む本は、アマゾンにリンクをしていなかったので、
タイトルと作者だけ紹介しておきます―
Little Snowflake's Big Adventure
by Steve Metzger/ Illustrated by Monica Wellington

雪の結晶の小僧の冒険物語、です。
仲間とはぐれたり、意地悪な結晶や、可哀想な結晶と出逢ったり…
いや、冒険物語にしちゃ地味なんですが、
最後、スケートリンクで結晶達が、くるくる踊るページでは、
思わず、クチから「スケーターズワルツ」♪が…。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kashiwagibunko.blog57.fc2.com/tb.php/48-48d6c0ae


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。