スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

The Very Noisy Night 

The Very Noisy Night (Picture Puffins)The Very Noisy Night (Picture Puffins)
(2001/08)
Diana Hendry

商品詳細を見る
我が家では、秋風が吹く頃になると取り出す絵本。
いろんな物音が気になってなかなか眠れない小さいねずくんと、寝惚けながらそれに答える大きいねずくんのお話。
ちびねずみ「ねえ、キミのベッドに入れて」
大きいねずみ「やだよ。おまえ、こちょこちょ動くもん。おまえの手、冷たいもん」
なんていいながらも、優しいんです。

風がhuff, puffと唸り、
小枝が、窓をtap,tapと叩く。
whoooosh!と、風が戸の隙間から入り、
フクロウがwho, who?と鳴く。
蛇口からはdrip, dripと水滴が落ち、
大きなねずくんがwheeee, wheeeといびきをかく(笑)

そんな擬音、絵本を読みなれた子供なら、
きっとどこかで出逢っているはず。
それを普通に楽しめちゃうのは、
大人になって擬音を覚えた大人には、羨ましい限りです。


絵を細かく見ていくと、これまたタノシ。

あなたがちいさいねずみにおうちを作ってあげるとしたら、何を使いますか?
ミシン糸の中心をテーブルにしたり、切手をポスターにしたり、
腕時計は、壁時計に、ちょうど良い。
ケーキにのせる、細いキャンドルもちょうど良い。
勿論、ゲームのコマやさいころなんかもいろいろ使えます。
私のお裁縫箱の中にも、使えそうなものがありそうだな。
おままごと気分になってきます。

続編もありまーす。
The Very Snowy ChristmasThe Very Snowy Christmas
(2007/09)
Diana Hendry

商品詳細を見る

クリスマスには、こちらもどうぞ。


★11/25のレッスンから―

大きなねずみのベッドの中に「入れて」と頼むも、断られるチビねずみ。
チビねずみくんのベッドは積木で出来ているのか、車輪がついています。
1年生のTくんが
「ベッドをごろごろっと押して、おっきなねずみの隣まで持っていけばいい」
Nice idea!

★11/26のレッスンから―

小学2年~5年の子供たち、この本を英語だけで
かなり正確に理解していました。
すごい、と思いました。
せっかくこんなに読めるんだもの、
もっともっと読んで欲しいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kashiwagibunko.blog57.fc2.com/tb.php/30-a41136d0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。