スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Tell Me a Scary Story …but Not Too Scary  

Tell Me a Scary Story but Not Too Scary (Book & CD)Tell Me a Scary Story but Not Too Scary (Book & CD)
(2003/09)
Carl Reiner

商品詳細を見る

この本、毎年恒例です。
子供たち皆、途中にすんごーく怖いページがあることも、
最後のオチも、知ってるんです。
だけどだけど…せがまれて、今年も読まされました…。
毎年毎年、よく飽きないね。来年はもう出さないよ~。
これはCDが良いので、私の読み聞かせよりはCDを皆で一緒に聞きます。
おじいさん(=作者にそっくりなので、皆実話だと思っている)が孫娘に、
子供の頃の話を聞かせる、という設定。
少しずつ不気味さが増していくのですが、ときどき
「怖すぎるかい?もうやめてほしかったら、そう言いなさい」
と優しく語り掛けます。
私もそこでCDを一旦停める。
おじいさんと同じように、「どうする?まだ先、読む?」と確認。
そうやって段階毎に覚悟を決めながら、子供たちもついてくるのです。
耳を塞いで目を閉じて、
「終った?あのページ、終った?終ったらいってよっ」
って真剣に言う子もいます。

レッスンは夕暮れ時。
部屋の明かりをぎりぎりに落とし、キャンドルに火を灯し…
私も、演出に凝るのです(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kashiwagibunko.blog57.fc2.com/tb.php/13-11981219


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。