スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子どもだけが理解できる世界?―センダック 

Chicken Soup with Rice: A Book of Months (The Nutshell Library)Chicken Soup with Rice: A Book of Months (The Nutshell Library)
(1991/03/15)
Maurice Sendak

商品詳細を見る

レッスンでは読んでいないのですが、うちの息子の最近のお気に入りを一冊ご紹介します。
最初は町の図書館で借りてきました。

1月楽しいチキンスープ、2月おいしいチキンスープ…年から年中、ライス入りのチキンスープ!
…何の脈絡も無い本です。絵も色も地味です。
私は・・実は未だにその面白さが良く分からないんです。でも、
なぜだか息子はえらく気に入り、図書館で借りたにも関わらず「買ってくれ」とねだられました。
私には理解できない面白さがあるのでしょう。
Maurice Sendakと子ども達だけにわかる世界。
ちょっと羨ましい。

昨日、chicken soup with riceを作ってくれと頼まれました。
???
レシピはありません。
名前を頼りに、やってみましょう。
まずはガーリックで炒めたたまねぎと少しのベーコンにパセリを散らした、チキンブイヨンのコンソメスープを作ります。
スープボウルに少しのご飯。そこにさっきのスープをかけて、「汁ご飯」の完成です。
こんなもんでいかがでしょうか、王子…?

息子の「おいしい!」の一言と満足そうな顔に、嬉しかった母でした。
スポンサーサイト

[2009/05/07 13:17] 絵本紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kashiwagibunko.blog57.fc2.com/tb.php/129-2fa248d6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。