スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

John Burninghamの本 その3 

GranpaGranpa
(2002/12/10)
John Burningham

商品詳細を見る
スポンサーサイト

John Burninghamの本 その2 

Mr. Gumpy's OutingMr. Gumpy's Outing
(1990/03)
John Burningham

商品詳細を見る

John Burninghamの本 

Would You Rather...Would You Rather...
(2003/02/01)
John Burningham

商品詳細を見る

名作Frog and Toadから。 

Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)
(1979/10/03)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

この本を選んだのは、小学2年生たちが、国語でこの中にあるThe Letterをもうすぐ勉強するからです。
絵本のときは1ページずつ盛り上げて読むけれど、今回は淡々と朗読をしました。
黙っておとなしく聞いている子ども達の表情はというと―。
「…ふ~ん…。。。」

どのくらい分かったか、なんて深くは追求しません。
でも、学校の国語でこのお話に出逢ったときに、この本を英語で読んでもらったことを思い出してくれたら、と思います。

The Lady With the Alligator Purse 

The Lady With the Alligator Purse (Sing Along Stories)The Lady With the Alligator Purse (Sing Along Stories)
(1990/09/04)
Nadine Bernard Westcott

商品詳細を見る

前にご紹介したThe Teacher With The Alligator Purse の、元になったライミングソングを歌ってみることに。
ここまでくると、話の筋がぶっ飛んでいても、もーなんでもあり!になってきます。(笑)

My Daddy Snores 

My Daddy SnoresMy Daddy Snores
(2007/05)
Nancy H. Rothstein

商品詳細を見る

この本のビッグブックを入手しました。
私の教室は小さいので、ビッグである必要はないのですが、
この本は、ビッグだとパパのいびきの迫力が凄いんです!
恐竜みたいだったり、地震みたいだったり、機関車みたいだったり。
子ども達大笑い!

Froggy 3連発! 

Froggy Eats OutFroggy Eats Out
(2003/06/23)
Jonathan London

商品詳細を見る

Froggy Goes to SchoolFroggy Goes to School
(1998/09/01)
Jonathan London

商品詳細を見る

Froggy Goes to the Doctor (Froggy)Froggy Goes to the Doctor (Froggy)
(2004/10/21)
Jonathan London

商品詳細を見る

文句なし、楽しいっ!
Froggyシリーズはまだまだありますが、今日はこの辺で…。

ぶたさん絵本 その3 最強の夢見る少女 

Olivia (Classic Board Books)Olivia (Classic Board Books)
(2004/09/28)
Ian Falconer

商品詳細を見る

もーたまらなく可愛くって、最強のコブタちゃんと言えば、このオリビアちゃんでしょう。
天下無敵の夢見る少女です。
木炭で描かれた黒に、赤のアクセントをのせただけの、渋い絵柄です。
子どもより、むしろ大人の女性に好まれる絵本かもしれません。

随分前に、もう一つのブログでこんな記事を書いたことがあります。良かったら読んで下さいね。続きを読む
[2009/06/05 09:11] お知らせ | TB(0) | CM(0)

ぶたさん絵本 その2 PiggyとDad 

Piggy and Dad Go FishingPiggy and Dad Go Fishing
(2005/04/12)
David Martin

商品詳細を見る

なんとものどかな絵本。
Piggyくん、今日はパパと、楽しみにしていた釣りに行きます。
餌のはずのミミズを、なかなか釣り針に突き刺すことが出来ない、優しいPiggyくん。
(だってニッコリ微笑みかけてくるんです、このミミズ!)
釣り針を垂らしながら、二人でうつらうつらしちゃっている後姿が大好きです。
この絵本のイラストは、FroggyシリーズでおなじみのFrank Remkiewiczさんです。

Froggy Gets DressedFroggy Gets Dressed
(1994/08/01)
Jonathan London



ぶたさん絵本 その1 ブタブタブタ~ブ! 

Pigs Aplenty, Pigs Galore! (Picture Puffins)Pigs Aplenty, Pigs Galore! (Picture Puffins)
(1996/12/01)
David McPhail

商品詳細を見る

最初読んだときは、うーん、ワケが分からなかったのです。
ただただわがまま自分勝手なブタのオンパレード!
でも、そのワケの分からなさ、荒唐無稽なところがやっぱり子ども達は好き。
aplenty、galore、どちらも「むちゃくちゃいっぱい!」という意味で、名詞の前ではなくて後につける、ちょっと変わり者の形容詞です。なーんとなく洒落た言葉だなあと感じます。

からだの本 その2 心臓と肺 

My Heart and Lungs (My Body)My Heart and Lungs (My Body)
(2009/03/01)
Sally Hewitt

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。